昼休みに会社から自宅PCを操作するVPN女子

スマートライフ 2015年01月14日

昼休みに会社から自宅PCを操作するVPN女子

こんにちは!よつばです。今年もスマートサーブをどうぞよろしくお願いいたします!!

以前「スマートサーブでこんなことやりたいな」と話していた同僚Kさんは、会社のお昼休みにスマートサーブを使って家のパソコンにアクセスして、PHPとかWordPressなどのファイルをさわれたらいいなぁ…とつぶやいてました。休憩時間まで仕事(みたいなこと)をするなんて!と感動しながら、ランチ後の現場に立ちあいました。

Kさんがスマートサーブに興味をもったきっかけは「家のパソコンを毎日会社に持っていくのは重いから」。iPhoneから家のMacBookAirに入りたいけど、スマートサーブ導入にあたって、次のような相談を受けました。

家族で暮らす家のインターネット回線は1つ。家族のパソコンやスマホなど複数の機器が無線ルーターでそれぞれインターネットにつながっている。その環境でスマートサーブを使うとなると、家の外から家の中のネットワークにある機器すべてにアクセスできる状態になるので、普段はさわったりしない他の家族のパソコンにアクセスできるようになってしまうのではないか…と家族で問題になったそうです。そこで回線は1つのまま、家族のネットワークとは別に自分だけのネットワークができないか、という相談でした。

難しいこの相談をよっしーさんに転送したところ、「できますよ」とそれほど難しい問題でもない様子です。今回もよっしーさんに設定方法などのレクチャーを受けました。

Kさんの家の環境は、家の外と中をつなぐための「ルーター」1台と、各機器を無線でつなぐ「無線LANアクセスポイント」1台があります。


ルーター(左)と無線LANアクセスポイント(右)

よっしーさんの解説によると、彼女のやりたいことは今の環境に「ルーターを1つ追加」すればできるとのこと。

下の図のようにすればいいそうです。


多段、という方法のつなぎ方らしい

  • 新しくルーター(図のオレンジ色)を用意する
  • もともとあるルーター(図の青色)と新しいルーターをLANケーブルでつなげる
  • 新しいルーターから先につながる機器に、Kさん専用のIPアドレスを割り当てる(元からあるIPアドレスとは別のアドレスにする。ルーターの設定を一度すればOK)
  • 「サービスアダプター」を新しいルーター(Kさん専用IPアドレス)にLANケーブルでつなげる
  • Kさんの機器(パソコンなど)を新しいルーター(Kさん専用IPアドレス)につなげる

このようなつなぎ方をすれば2つのネットワーク(2つの独立したLAN環境)ができるので、外からはサービスアダプターが含まれるネットワークにぶら下がった機器だけが見えるようになり、ほかの家族は別のネットワークだから見えない、ことになるそうです。

技術面に明るい方には当たり前なのかもしれませんが、経験しないとわからないつなぎ方ですよね…。一度聞いただけでは「呪文」としか認識できなかったので、何度も説明していただくことになりました。


IPアドレスの話から2進法のレクチャーまで


Kさんを交えて再度2つのネットワーク構築レクチャー

とにかく、新しくルーターを追加したら、新ルーター配下には254個(※)の機器をつなげることができるそうです(自宅で254個もつなげるようになったら、相当ギークですね!!)。
※ よっしーさん解説:24ビットネットマスクの場合

新しいルーターに、元のネットワークとは違うIPアドレスを割り当てる設定をあらかじめしておきます。


ルーターの設定ページで「LAN側IPアドレス」というところにKさん専用のIPアドレスを決めて、記入します

数日後。

2つのネットワークを理解したKさんが家で設定したけれど「うまくつながらない」と連絡がありました。新しいルーターが反応しないらしく、パソコンを新しいルーターにつなごうと思っても該当するネットワークが表示されない、ようです。

ふたたびよっしーさんに相談。ルーターが壊れてないかを確認して、ルーターの設定をみたところ、「無線端末間通信」と「無線-有線間端末通信」の設定が「無効」となっていて、無線で接続しようとした機器に対してアクセス制限がかかっていることがわかりました。2つの設定を「有効」にしました。


無線でパソコンなどをつないでいたのでつなげなかったんですね…

ルーターは、メーカーや商品ごとに設定がいろいろできるようなので、Kさんのルーターの場合という例ですが、ここに気づくのも「ルーターは設定がいろいろできる」ことを知ってる人じゃないとなかなか大変ですね。

この設定後、サービスアダプターのランプが緑色に点灯したそうです。その模様がこちら↓


元ルーターと新ルーター、サービスアダプターがつながって、Kさんだけの独立ネットワークの完成

よっしーさんから、どのネットワークに入ってるのかIPアドレスを確認するアプリ「Fing」があると教えてもらい、同一ネットワークにも入ったことも確認したそうです。


同じ「192.168.8」!

会社で遠隔操作をはじめる前に、まずは近い位置で遠隔操作ができるかどうかのチェック。遠隔操作をするiPhone用のアプリには以前使った「Mocha VNC Lite」を紹介しました。


iPhoneから「こんにちは」と入りました!

会社にいるときiPhoneから自宅のネットワークに入るためのスマートサーブの設定は、「モバイル接続かんたん設定」ではなく、通常の「モバイル接続」!(難易度の高い方を選んだKさんをすごいと思いました)

「モバイル接続」の設定方法は次のような流れです。

次のページをみながら設定します↓
http://smartserve.kaiketsu.nifty.com/faqs/88363/thread

スマートサーブにログイン後、マイページ(管理ページ)にある「モバイル接続機能」の管理画面ボタンをクリック。スマートサーブIDを「作成する」ボタンを押すと、サービスアダプターの裏面にあるシリアル番号の入力を求められるので入力(※高度にセキュリティを保つために必要な設定で、ここは乗り越える山。設定変更しない限り出てこない画面なので面倒な設定は一度です)。

次の画面で「接続先アドレス」を確認。ここで、iPhoneに入力できる状態になりました!

iPhone画面の「サーバ」には、「接続先アドレス」を入力します。
iPhone画面の「アカウント」と「パスワード」に入れる「スマートサーブID」「パスワード」は、自分で作ります。


「IDの作成」ボタンをクリックした次の画面


「test-20141222」という名前をつけ「パスワード」をつくりました

iPhone画面「シークレット」には「事前共有鍵(シークレットキー)」を入力します。

ふう。文字で書くと長いですが、けっこう短い時間で設定できると思います。

いよいよ会社から自宅PCへ接続します!

会社の昼休み時間にiPhoneから家のMacBook Airに入る(VPN接続する)日が来ました!
iPhoneを「VPN」接続モードにして、Mocha VNC Liteから家のMacにアクセスしました。


Macのログイン画面きました!

まず開いたのはDreamweaver。起動させると……


welcome画面が表示されました!

なかなかゆったりした動きではありましたが…


小さい画面だけどHTMLファイルを編集して、保存までしました!!!

会社でスマートサーブをつかってみた感想は?と聞くと、

「速度がiPhoneの回線の速度に依存するので、今度は無料Wi-Fiがあるカフェに行こうかな。でも野良Wi-Fi(公衆無線LAN)に接続するのって、スマートサーブなら安全なのか心配…」

確かに。その辺はどうなのかな……

するとよっしーさんがすかさず

「安全です」

と、力強く答えます。

iPhoneの場合、「すべての通信を送信」をオンにすれば、すべての通信がVPN経由になるので、iPhoneのメール送受信も安全になるそうです!スマートサーブを使うと安全安心というポイントですね。

「へえー、パソコンとiPhone間以外の接続も守られるのですね!いろいろ試してみたいです」

と目を輝かせるKさんでした。

スマートサーブを導入したことにより、「ネットワークのことがいろいろ勉強になった」というKさん。これからどんな使い方をしていくのか、また聞いてみようと思います。

編集部紹介
  • Mタル課長 Mタル課長企画部の課長でスマートサーブWebサイトの編集長。ネットオタクでガジェットオタクだが、実態は厨ニ病バンドマン。
  • よっしー よっしースマートサーブ担当なのにスマートじゃないので、ダイエット中です。好きな言葉は「世界最小・最軽量」。
  • しゅんさん しゅんさんPCや家電の扱いは、苦手です。説明書は読まない派です。
  • おすぎ おすぎ学生時代の体力維持のため水泳が日課。泳いだ後はおへやプラスを必ずチェックします。その後はスクワットです。
  • つっきー つっきー編集部で最年少の新入りです。しゅん先輩のもとで修行中です。ネコよりもイヌ派です。
  • ゼット ゼットガジェット好きです。最近の物色先はもっぱらkickstarterです。
  • よつば よつばスマートサーブ初心者。快適なスマートライフを実現して食材を無駄なく使いたいです。
  • みどり みどりスマートサーブ初心者その2です。 隣の席のよつばさんと一緒にスマートサーブについてお勉強していきたいです。

このページのトップへ