一足早く「おへやプラス」にふれてみた

スマートライフ 2014年10月14日

一足早く「おへやプラス」にふれてみた

はじめまして!このたびスマートサーブ担当になった編集部のみどりです。
よつばさんと一緒に、スマートライフ(響きがかっこいい!)目指してがんばっていきたいと思います。よろしくお願いします!

さてさて、先日募集を行った「おへやプラス」のモニターですが、モニター当選の方には、まもなくサービスアダプターとiRemocon Wi-Fi(以下、iRemocon)という「おへやプラス」必須のアイテムが届きます。
一足早く、おへやプラス担当のゼットさんに見せてもらいました!

まずは必須アイテムがこちら。


右がiRemoconです。左に見えるサービスアダプターとiRemoconがつながってます。

iRemoconはセンサーで、温度や湿度を測定します。
感知したデータをみるのに必要なアプリがこちら。


画面の左上に見えるのがおへやプラスアプリのアイコンです。

室内環境を知りたい場所にサービスアダプターとiRemoconを設置すれば、アプリをダウンロードした端末からどこでも見ることができます。
「離れた場所から見守る」を体感するため、さっそくiRemoconが設置されたお部屋から外に出てアプリを使ってみました!


アプリを起動して…


ログインログインっと…


出ました!これがiRemoconの置いてあるお部屋の温度と湿度です!
グラフもついていて24時間以内のお部屋の温度・湿度の様子がわかります。

そしてちょっと設定するとこんな機能も使えちゃうんです!


じゃーん!お知らせ機能!便利そう!

設定温度や湿度を超えるとプッシュ通知される仕組みになっています。
グラフもあるし、逐一チェックできなくても安心ですね。

例えば、サービスアダプターとiRemoconをおじいちゃん、おばあちゃんの家に設置すれば、室内環境を遠くから知ることができるから、「寒そうだけど、暖房ついてる?」とさりげなく電話して身体を気遣ったりしてあげられますね。
自宅に設置すれば外出中のパパママでも、「お部屋が乾燥してるから、手洗いうがいは念入りにね!あと、観葉植物にお水あげておいてね」なんてお留守番のよい子に連絡できちゃいます!

あっ、観葉植物といえば…
これ、私も体験してみたいなあ、と思ってます。ミニトマトとか、育ててみたい!

…と、話がずれましたが、はじめてのおへやプラス体験でした。
iRemoconを置く場所の工夫などで、いろいろな使い道がありそうで、わくわくします!


編集部紹介
  • Mタル課長 Mタル課長企画部の課長でスマートサーブWebサイトの編集長。ネットオタクでガジェットオタクだが、実態は厨ニ病バンドマン。
  • よっしー よっしースマートサーブ担当なのにスマートじゃないので、ダイエット中です。好きな言葉は「世界最小・最軽量」。
  • しゅんさん しゅんさんPCや家電の扱いは、苦手です。説明書は読まない派です。
  • おすぎ おすぎ学生時代の体力維持のため水泳が日課。泳いだ後はおへやプラスを必ずチェックします。その後はスクワットです。
  • つっきー つっきー編集部で最年少の新入りです。しゅん先輩のもとで修行中です。ネコよりもイヌ派です。
  • ゼット ゼットガジェット好きです。最近の物色先はもっぱらkickstarterです。
  • よつば よつばスマートサーブ初心者。快適なスマートライフを実現して食材を無駄なく使いたいです。
  • みどり みどりスマートサーブ初心者その2です。 隣の席のよつばさんと一緒にスマートサーブについてお勉強していきたいです。

このページのトップへ