Philips hueをつかってみた ~後編~

家電 2014年07月01日

Philips hueをつかってみた ~後編~



前編では、基本的なセットアップや操作方法についてご紹介しました。セットアップがとても簡単であることがおわかりいただけたと思います。ご自宅での活用方法について様々なアイデアが湧いてきたのではないでしょうか。後編では、hueの様々な活用方法についてご紹介していきます。



この3個の「hue入り照明」を使って実験してみましょう。

サードパーティアプリと連動させて、様々な色の変化を楽しむ
hueはAPIが公開されており、hueをコントロールするためのさまざまなアプリを AppleStoreから入手することができます。それぞれのアプリは個性があり、オリジナルにはない斬新な使い方を提案してくれます。今回は、そんなアプリ群から私が魅力的に感じたものを二つ紹介させて頂きます。

●Magic hue
Magic hueは「マイクで拾った音にあわせて照明を光らせる」というコンセプトのアプリです。アプリをダウンロードし立ち上げると、早速マイクから音を拾いはじめます。



左の電源マークをタップするとhueが点灯し、アプリとの連動が開始されます。hueが反応しない場合は、アプリを立ち上げた後、hueのコントロールブリッジのボタンを押してみてください。弊社スマートルームのデモ照明でも早速作動させました。動画を撮影したので是非ご覧ください。



友達とお酒を飲むときや野外でパーティーをする場合など、盛り上がること間違いナシですね! マイクの感度や点滅のスピードなども個別に設定できますので、是非オリジナルのレシピを作ってお試しください。

次にご紹介するのは・・・

●On Switch



On Switchもなかなか面白いアプリです。ご覧の通り、「ろうそくの光」「雲から漏れる光(薄明光線と言うそうです)」「白熱灯」「蛍光灯」など、「光の質感」をhueで表現することができます。
動画はコチラ。



色温度も揺らめき方も、いい感じですね。一口に照明と言っても、様々な発光体があり、それぞれに違った質感と表情があります。様々な照明の表情をhue単体で体感できるなんて、こんなに楽しいことは無いですね! 個人的には「ろうそくの火」のプリセットが気に入りました。ゆらゆら揺らめくろうそく独特の雰囲気が上手に再現されています。真っ暗な部屋でこのモードにしたら、実にいいムードになりそうですねぇ・・・。

以上アプリ紹介でした。このほかにも様々なアプリがありますので、是非是非色々試してみてください。かなり凝った有料のアプリなどもあります。

さてさて、お次に紹介する機能は・・・

GPSと連動させて、hueの自動ON/OFF環境を構築する
これかなり便利なのでは! 早速設定していきましょう。まずは、ジオフェンズゾーンの設定をします。ジオフェンスゾーンとは、簡単に言うと「現在地として認識する範囲」ですね。




外出してからすぐ照明をオート消灯したい場合は「小」をタップ。GPSの精度が悪い場合などは範囲を大きくしましょう。左メニュ⇒設定⇒アプリ設定でこの画面が出ます。今回は「小」にしておきましょう。設定したゾーンを離れたときに通知がほしい場合は「通知」をONにします。

次に、オートコントロールの設定をします。お好きなシーンをタップして、鉛筆マークのアイコンをタップすると、こんな画面が出てきます。



ここからさらに画面下中央の青く光っている矢印のアイコンをタップします。


現在地のピンが自分のいる場所になっていることを確認し、「帰宅時に点灯」「外出時に消灯」のチェックボックスを有効にしましょう。そして、保存をすれば設定完了です。ちなみに、こういったシーン設定は前編の後半で述べたように外出先からmy hue経由で設定できない項目のようです。どうしても外出先から操作したいときは、スマートサーブ経由で設定可能です。

それでは早速検証してみましょう。今回はスマートルームの机にhue入り照明三個を置き、ネットワークカメラ経由で消灯・点灯の様子を観察してみたいと思います。赤枠の部分に照明が見えていますね。



外出してみましょう。テクテクと歩いてこんなところに来ました・・・。ここは・・・弊社入居ビルから700mほど離れた場所だそうです。(あらためて、Mapは便利!)



すると、hueから通知が! 「いってらっしゃい」って、奥さんかオマエは!



照明の様子はどうでしょうか・・・・



おお! しっかり消えていますね。よかったよかった。これで外出時に「あれ、家の電気消したっけ?」という心配が無くなります。まさに次世代って感じがしますね。本社に戻ってきたらまたこんな通知が。もちろん照明は点灯しています。



家に戻り玄関を開けると明るい部屋が待っているわけです。暗い部屋に戻るのは寂しいですよね。もはや、hueに可愛さすら覚えてきました。いい子いい子・・・。

この流れで、その他の機能もご紹介しましょう。

点灯スケジュールをセットする
防犯対策、ゆるやかな目覚ましとしての使用など、何かと便利ですよね。こちらの画面で設定します。



決まった時間に点灯/消灯させることはもちろん、曜日単位で個別に設定することも可能です。これは留守中の防犯対策としても大変有効なのではないでしょうか。タイマーを使用すると単純なルーチンになってしまいますが、時間をずらしてそれぞれのシーンを各曜日に設定すれば、ランダム感が出せますよね。また、毎日の起床時間にそれぞれ違ったシーンを設定すれば、毎日違う気分で起床できるかもしれません。

この調子で、IFTTTの連携もサクっとやっちゃいましょう!

hueをIFTTTと連携させる
これも試したかった機能なんです! メールが届いたら照明を点灯させ、ユーザーに伝える・・・こういったアナログなゆるい通知って逆になんだか未来的・・・だと思います。バイブや音よりもずっとやさしく、ストレスも軽減されるかもしれません。それでは早速設定していきましょう。まずはIFTTTに登録し、レシピを開きます。



hue×IFTTTのレシピは多くが公開されているので、それを活用すればスピーディーに設定できます。一部をご紹介すると・・・

・雨が降ったらhueを青色に調光する
・smsが届いたらhueを点滅
・Facebookでタグ付けされたらhueを点滅
・今日の温度に応じてhueを調光
・instagramにアップした写真の雰囲気に応じた色にhueを調光

このように様々なレシピがありますが、今回は赤枠の「特定の人からメールが届いたらhueを点滅させる」を設定してみましょう。赤枠のレシピをタップすると、このような画面になります。



「Enter a specific email address」で指定したアドレスからメールが来るとhueが光る、ということです。そしてUse Recipeをタップし、gmailのアカウントとmy hueのアカウントを入力し、IFTTT側に認証させましょう。


これで設定は完了です。私はこの記事を書くために初めてIFTTTを触ったのですが、想像以上に設定が簡単でびっくりしました。ほんの10分もあれば設定できてしまうのではないでしょうか。設定できたら、早速メールを送ってみましょう。メール通知に反応して点滅しまくっているhueはこんな感じです。



IFTTT側のサーバーの仕様なのか、メールを受信してからhueが点滅するまで1~10分のラグがあります。また、IFTTTのManage画面では、IFTTTからhueへのアクションの記録が残ります。これはなんというかワクワクしますね・・・・



さて、長くなってしまいましたが、これで後編は終了です。前編、後編にわたって開梱から活用法までご紹介いたしました。来るべきIoT社会の気配が存分に感じられるナイスなプロダクトだと思います。

hueは実際にセットアップし、点灯させて初めてその魅力が100%伝わる製品です。鮮やかで深いLEDライトの表情を感じてしまったら、もう既存のランプには戻れないでしょう。確かにお値段は張りますが、飲み代を少し抑えれば捻出できる金額です。hueは間違いなく日々の生活のテンションを、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を上げてくれるパートナーです。一時の快楽を数回我慢し、永続的な快楽を手に入れましょう! さあ、あなたもAmazonでポチるのです!

と、いうわけで、これをもって「philips hueをつかってみた」の記事の締めくくりにさせていただきたく・・・

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・


いや、もうひとつネタやります!
つづきは番外編で!


編集部紹介
  • Mタル課長 Mタル課長企画部の課長でスマートサーブWebサイトの編集長。ネットオタクでガジェットオタクだが、実態は厨ニ病バンドマン。
  • よっしー よっしースマートサーブ担当なのにスマートじゃないので、ダイエット中です。好きな言葉は「世界最小・最軽量」。
  • しゅんさん しゅんさんPCや家電の扱いは、苦手です。説明書は読まない派です。
  • おすぎ おすぎ学生時代の体力維持のため水泳が日課。泳いだ後はおへやプラスを必ずチェックします。その後はスクワットです。
  • つっきー つっきー編集部で最年少の新入りです。しゅん先輩のもとで修行中です。ネコよりもイヌ派です。
  • ゼット ゼットガジェット好きです。最近の物色先はもっぱらkickstarterです。
  • よつば よつばスマートサーブ初心者。快適なスマートライフを実現して食材を無駄なく使いたいです。
  • みどり みどりスマートサーブ初心者その2です。 隣の席のよつばさんと一緒にスマートサーブについてお勉強していきたいです。

このページのトップへ