自宅のネットワークカメラを外出先から見る方法

ネットワーク 2013年10月08日

自宅の中を外から覗いてみよう

こんにちは、担当Nです。
スマートサーブをお申込みいただいたお客様の元にはもうサービスアダプターは到着しましたでしょうか。

今回は、スマートサーブの「モバイル接続機能」を利用して、家の中にあるネットワークカメラの映像を、外出先の iPad(SoftBank 3G回線)で参照する、という手順をご紹介したいと思います。


まず、使用するネットワークカメラは、アイ・オー・データ機器さんの「TS-WLCAM(製品ページ)」です。シンプルなデザインでいいですね!
このカメラは、インターネットから直接カメラにアクセスするための機能が搭載されているのですが、今回は敢えてその機能を使わずに設定を行います。

これは、インターネットとの連携ができないカメラであっても、スマートサーブがあればアクセスできるということを検証するため、というのと、より安全に家の中へアクセスするということを実現するためです。


■ 必要なアプリケーションのダウンロード

まずは、自宅内の Wi-Fi から、このカメラに接続ができるように設定を行います。
← Wi-Fiモードになっています。


ネットワークカメラに割り振られた IPアドレスを調べるための「MagicalFinder」と、実際にカメラの映像を見るための「LCAMView」を、App store からダウンロードします。


■ 登録に必要な情報の準備

最初に、カメラを箱から出して電源を繋ぎます。有線でお使いの場合はLANケーブルも接続してください。
そして、箱の中に同梱されていた「簡単接続シート」を取り出しておきます。


赤い枠で囲ってある部分が、後ほどカメラを登録する際に必要になります。

次に、先ほどダウンロードしてきた「MagicalFinder」を起動します。すると、自宅内に接続されたアイ・オー・データ機器製の機器一覧が表示されます。


先ほどの簡単接続シートの中の「カメラ名」が表示されているかと思います。カメラが一覧に出てこない場合は、カメラの電源が入っていないか、LANケーブルが刺さっていない(有線でお使いの場合)可能性がありますので、ご確認ください。

ここで表示される「IP Address」が、後ほどカメラを登録する際に必要になりますので、メモしておきましょう。


■ カメラの登録

最初にダウンロードしておいた「LCAMView」を起動し、設定ボタンを押すと、カメラを追加するように促されます。


「カメラの追加」を押すといくつか選択肢がでてきますが、ここでは敢えて「手動で登録」を選択します。

新規登録画面がでるので、まず「IP」をクリックし、先ほどメモしたIPアドレスと、かんたん接続シートに記載されているポート番号、ユーザ名、パスワードを入力します。

右上の「完了」ボタンを押せば、カメラの登録が完了します。


■ 映像を見てみる

カメラの登録が終われば、もう映像を見ることができます。
LCAMView の「ライブ」ボタンを押してみると・・

見えました!
この映像は、ニフティ株式会社内にある、スマートサーブ関連の実験などを行う、モデルルームの様子です。このモデルルームを家の中、と見立てています。
しかしこの時点では、まったくスマートサーブが関係していません・・。

■ スマートサーブでモバイル接続してみる

ここでいよいよスマートサーブが登場します。
今回は iOS を使っているので、FAQ の「VPNクライアントの設定方法を教えてほしい(iOS)」を参考に、モバイル接続機能の設定をしておきます。

そして、まずは自宅のWi-Fiから切断し、3G回線を利用している状態で VPN を ON にすると・・

状況 のところが接続中、となりました。左上に注目すると、
← 3G回線で モバイル接続(VPN)をしています!
この表示の間は、iPad は最初の自宅のWiFiに繋がっているのと同じ状態になっています。

■ 外から映像を見てみる

これで、iPad を外に持ち出しても、家の中にいたのと同じようにカメラの映像を見ることができるようになります。
気を付けないといけないのが、モバイル接続(VPN)は、元の回線(今回の場合は Softbank の 3G回線)が不安定だと、切断されてしまうことがあります。
3G や LTE の回線を利用する場合は、電波状況の良いところで接続するようにしましょう。

では早速、iPad を持ちだして見てみると・・

見えてますね!カメラの向きが変わってると思ったら、怪しげな人影が写っていました。これは担当S ですね。
一応左上を見てみると、3G で VPN マークがついていますので、スマートサーブを使って、外出先から家の中のカメラが安全に見れている、ということになります。



■ 最後に

今回はカメラの映像を見ただけでしたが、スマートサーブを使えば他にも家の中のネットワークに繋がっている機器が操作できるようになります。

また、今回は単体でも外から見ることができる機能がついたカメラでしたが、もちろん家の中でしか使えなかったものも、操作できるように。
たとえば、パソコンやテレビやその他の家電など・・可能性は広がります。

今後も開発だよりでは、スマートサーブの便利な使い方をご紹介していきますので、お楽しみに!

編集部紹介
  • Mタル課長 Mタル課長企画部の課長でスマートサーブWebサイトの編集長。ネットオタクでガジェットオタクだが、実態は厨ニ病バンドマン。
  • よっしー よっしースマートサーブ担当なのにスマートじゃないので、ダイエット中です。好きな言葉は「世界最小・最軽量」。
  • しゅんさん しゅんさんPCや家電の扱いは、苦手です。説明書は読まない派です。
  • おすぎ おすぎ学生時代の体力維持のため水泳が日課。泳いだ後はおへやプラスを必ずチェックします。その後はスクワットです。
  • つっきー つっきー編集部で最年少の新入りです。しゅん先輩のもとで修行中です。ネコよりもイヌ派です。
  • ゼット ゼットガジェット好きです。最近の物色先はもっぱらkickstarterです。
  • よつば よつばスマートサーブ初心者。快適なスマートライフを実現して食材を無駄なく使いたいです。
  • みどり みどりスマートサーブ初心者その2です。 隣の席のよつばさんと一緒にスマートサーブについてお勉強していきたいです。

このページのトップへ